○ 住宅火災により毎年約1000人の方が、火災に気づくのが遅れて、いわゆる「逃げ遅れ」により亡くなっております。 犠牲になった半数以上の方が高齢者であり、今後も益々増加するおそれがあるところから、こうした皆さんの命を守るために住宅用火災警報器の設置が義務付けられました。


○ 改正された(宇都宮市火災予防条例)の施行に伴い、住宅(一般住宅、共同住宅、併用住宅)などに、住宅用防災警報器(住宅用火災警報器)又は住宅用防災報知設備(住宅用自動火災報知設備)の設置が義務付けられます。 なお、新築住宅については、平成18年6月1日から、既存住宅についても平成21年6月1日までの設置が義務付けられました。


○ 住宅用火災警報器は、天井や壁に取付け、火災の初期において煙を自動的に感知し、警報音や音声により火災を知らせる器具です。電源については、ACアダブター100Vタイプや電池タイプがあり、電池タイプは天井や壁に簡単に取付けられます。